アコードの車買取価格を無料でオンライン査定


ホンダ アコード買取 一括査定

アコード買取
アコード買取査定ポイント
  • アコードの高額査定を受ける場合には、モデルチェンジの時期に注意しましょう。
    モデルチェンジの直後、またはモデルチェンジが予定されている近辺の時期には、査定額が安くなりがちです。早めに車買取査定を受けたほうがよいでしょう。
  • フルモデルチェンジが非常に多い、歴史のある車種です。モデルによって好まれる層が違います。
    7代目のユーロシリーズでは従来エンジンの改良によって非常に高品質な実現できており、走り好きな人からは好まれているモデルです。
    8代目からは基本性能の充実に加えて、インテリアやエクステリアにも凝っていて乗って楽しい車を求めている人に広く受け入れられています。
    どういった層が買う車であるのかを意識して、買取査定を受ける際にはそのことをアピールしていきましょう。
9代目アコードについて

2012年9月19日にアメリカで発売が開始された。
2013年3月15日 - メディア向けに技術説明会が行なわれ、その席上において次期モデルが6月にハイブリッド専用車種として復活し、6代目以降 仕向け地に合わせて複数存在した車体も、北米仕様と日本国内仕様とが共通になると、報道された[11]。
2013年5月31日 - ホームページで先行公開した。革新的なハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD」を搭載し、燃費は30.0km/L(JC08モード)と発表されている[12]。
2013年6月20日 - 日本国内でアコードハイブリッド、アコードプラグインハイブリッドを公式発表。翌6月21日より販売開始[13]。

北米仕様のエンジンは2.4L 直4 ガソリン直噴エンジンと3.5L V6エンジンが設定される。トランスミッションは6速MTが両者に設定され、CVTが直4モデル、6速ATがV6モデルに設定される。V6エンジンはVTECにより吸気側カムを低速、高速で切り替え、リアバンクはさらに休止カムにより低負荷時には3気筒運転を行う。 直列4気筒エンジンは直噴化され、バルブ挟み角は51度から35度に変更されたことにより燃焼室がコンパクトとなった。また、圧縮比は10.5から11.1と高圧縮比化された。 足回りについてはフロントはストラットにコストダウンされた。

日本仕様は圧縮比13.0のアトキンソンサイクル2.0L 直列4気筒ガソリンエンジン+スポーツハイブリッドi-MMDを組み合わせたハイブリッドモデルとプラグインハイブリッドの2種である。

車買取相場がすぐわかる!現在の査定価格を画面表示