クラウンの車買取価格を無料でオンライン査定

トヨタ クラウン買取 一括査定

クラウン買取
クラウン買取査定ポイント
  • クラウンは、モデルを問わず、高評価を期待することが出来ます。早めに車買取査定を受けたほうがよいでしょう。
  • 価格帯の高いGパッケージが最も高価買取を期待できるでしょう。
  • 維持費の観点から見れば、2.5Lのスペシャルパッケージもニーズが高いと言えます。
  • ナビ、ETC等の装備によって評価はアップします。
  • カスタマイズは、ホイール程度あれば高評価に繋がります。
クラウンについて

トヨタの量販車の中でも最上級モデルの地位を長く担い、「いつかはクラウン」というキャッチコピー(1983年に登場した7代目で用いられた)等にも象徴されるように、一般に高級車として認知されている。当初からオーナードライバー向けの乗用車として開発され、その時代ごとにトヨタが提案をし、消費者が求める日本の高級車像が反映されてきた。またその長い歴史を通じ、官公庁などの公用車、企業の社用車としても用いられている。

一方、高い信頼性や耐久性から、タクシー、ハイヤー、教習車やパトロールカーといった業務用車両や特殊車両として使われることも多い。

日本国内での長年の競合車種は、日産・セドリック(または兄弟車のグロリア)であった(2004年10月に廃止)。現在はセドリック/グロリアの後継車であるフーガが競合車種となっている。そのほか、ホンダ・レジェンド(2012年に一旦絶版となったあと、2014年11月に復活)、三菱・デボネア、いすゞ・ベレルも、同クラスの競合車種であった。また、サイズや価格帯の近いEセグメントの輸入車には、メルセデス・ベンツ Eクラス、BMW・5シリーズ、アウディ・A6がある。シリーズ歴代の販売台数は、8代目が最高である。

現行車種の車体形状は4ドアセダンのみだが、以前には2ドア、および4ドアのハードトップ、ステーションワゴン、商用車(ライトバン、ピックアップトラック)、救急車(トヨタ・救急車)も存在した。5代目から10代目までは、ボディスタイルを優先してドアガラスのサッシ(窓枠)を廃した4ドアピラードハードトップがクラウンの主流であったが、11代目のS170系以降はサッシ付のセダンとなる。

>>>クラウン オフィシャルサイト

車買取相場がすぐわかる!現在の査定価格を画面表示