キューブの車買取価格を無料でオンライン査定

日産 キューブ買取 一括査定

キューブ買取
キューブ買取査定ポイント
  • キューブはは、日産のコンパクトカーの中でも若い世代を中心に、高い人気があります。
  • サイズの割りに車内空間が広く、また乗り心地も安定感があることから根強いファン層があります。
  • 中古市場でも、人気を集めていますので、高額査定が期待出来ます。
  • 下取りは市場動向関係なく、走行距離や形式などで査定されます。
    しかし、買取り専門店は人気車種や市場動向によって、走行距離や形式に難があっても、高値で取引きしてくれることが多いです。
  • キューブは同じ形式の車でも、車の走行距離や状態によって価格に大きな差が出ます。
3代目キューブについて

3代目キューブは2008年に登場。従来型(Z11型)のキープコンセプトとしながらも、使い勝手と室内空間の向上を狙って従来のBプラットフォームの改良版が採用された。全長を+160mm、全幅を+25mm、全高を+10mm、ホイールベースを一気に100mm拡大した結果、一回り大きくなったが、それでも日本市場がメインとされるため5ナンバーサイズはキープされている。なお、今回のモデルチェンジで3列シートの「キューブキュービック」は廃止された。
エクステリアは水平基調としながらも、直線を極力使わずに曲面を多用することで“豊かさ”を強調。デザインモチーフに「ブルドッグがサングラスをかけた姿」を挙げるなど愛嬌のあるキャラクターをも目指した。左右非対称デザインの横開き式バッグドアやリアコンビランプは継承され、一目でキューブとわかるデザインとされた。一方、インテリアに関してはジャグジーをモチーフにしつつも随所に波紋のアクセントが採り入れられ、波打つようにラウンドしたインパネ周りがバスタブのカーブのような開放感を演出している。また、コンパクトクラスでは珍しい縫製シートも採用し、シートバックの高さやクッションの厚みと長さを拡大。従来型以上にリラックス出来る座り心地を追求している。

>>>キューブ オフィシャルサイト

車買取相場がすぐわかる!現在の査定価格を画面表示