エスティマの車買取価格を無料でオンライン査定

トヨタ エスティマ買取 一括査定

エスティマ買取
エスティマ買取査定ポイント
  • エスティマの高額査定を受ける場合には、モデルチェンジの時期に注意しましょう。
    モデルチェンジの直後、またはモデルチェンジが予定されている近辺の時期には、査定額が安くなりがちです。
  • エスティマハイブリッドが登場してからは、ガソリンモデルの人気が薄れてきています。乗り換えるなら早めがお勧めです。
  • 現在3代目のため初代エスティマの買取は急速に下落しています。早めに車買取専門店で査定を受けたほうがよいでしょう。
3代目エスティマについて

2005年の東京モーターショーにてコンセプトモデルが発表され、市販仕様はこのコンセプトモデルに準じたデザインで2006年1月16日より市販された(追ってオセアニア向け(現地名:タラゴ)やアジア向け(現地名:プレビア)も発売されたが、欧州向けは今回からなくなっている)。先代のような販売店による区別[3]がなくなり、車名が「エスティマ」に統一されたが、車両型式の末尾に付される車種グレードごとの細分記号は販売店で異なる。エクステリアデザインは2代目の正常進化型だが、ヘッドランプは涙目風のデザインを採用し、より精悍な印象となった。
また、三角窓を継続して採用したほか、全てのピラーをブラックアウトし、ルーフが浮いているようなイメージの「フローティングルーフ」となっている。また、2代目はウィンカーにサイドマーカーを採用していたが、3代目ではそれがなくなり、代わりにサイドターンランプが付いたミラーが標準装備となった。インテリアデザインはセンターメーターこそ継承したものの、2代目とは打って変わって、直線基調で広がり感のあるデザインとなっている。
また、シーケンシャルシフトマチックも搭載された。エンジンは新開発の2GR-FE型3456cc・V6DOHCの280psと国産ミニバン、および前輪駆動車で初の280ps達成[4]。 また、2362cc・直4はモデルチェンジを機に170ps・22.8kgmとパワーアップした。ハイブリッドでは燃費は20km/lに向上した。プラットフォームは、フロントがRAV4などに採用の新MCプラットフォームを使用し、リアは専用設計である。なお、このプラットフォームは2代目アルファード/初代ヴェルファイアと共通である。シートタイプはこれまで通り7人乗りと8人乗りが設定されるが、3列目シートは2代目のチップアップ式とは異なり、床下収納式となっている。また、7人乗りならスーパーリラックスモードが使える。それは3列目のシートを収納した状態で2列目のシートを最後尾までスライドさせれば、まるでリムジンのような広大なスペースが生まれるシートアレンジ。
一方の8人乗りには2列目シートにチップアップ機能を備え、床下に収納できる3列目シートを活用して広大な積載スペースを確保することができる。トランスミッションは3.5リッターV6車がシーケンシャルシフト機能付き6AT、2.4リッター直4車が7速シーケンシャルシフト機能付きSuper CVT-iが採用される。シフトレバーは1・2代目ではコラムシフトとなっていたが、3代目からはゲートタイプのインパネシフトとした。

>>>エスティマ オフィシャルサイト

車買取相場がすぐわかる!現在の査定価格を画面表示