ヴォクシーの車買取価格を無料でオンライン査定

トヨタ ヴォクシー買取 一括査定

ヴォクシー買取
ヴォクシー買取査定ポイント
  • ヴォクシーの高額査定を受ける場合には、モデルチェンジの時期に注意しましょう。
    モデルチェンジの直後、またはモデルチェンジが予定されている近辺の時期には、査定額が安くなりがちです。
  • ヴォクシーハイブリッドが登場してからは、ガソリンモデルの人気が薄れてきています。乗り換えるなら早めがお勧めです。
  • 現在3代目のため初代ヴォクシーの買取は急速に下落しています。早めに車買取査定を受けたほうがよいでしょう。
ヴォクシーについて

「ライトエース・ノア」の後継車として姉妹車の「ノア」(旧タウンエース・ノア)と同時に発売された。カローラ店向けのノアとは対照的にスポーティな印象を持つ一方で、ノア同様スライドドアを両側に設けている。当初は7人乗り・8人乗りであったが、2004年のマイナーチェンジでCVT(無段変速機)、5人乗りグレードなどが導入された。初代は直列4気筒2.0L自然吸気のエンジン(1AZ-FSE)を前輪あるいは4輪で駆動する。エンジンにはトヨタの直噴システムであるD-4を採用しており、前期型では希薄燃焼を利用するものであったが、後期型ではCVTの採用とあわせて基本的に理想空燃比で燃焼を行うストイキD-4に改められており、排ガスレベルを低減している。2代目前期はZSグレードのみバルブマチック機構の3ZR-FAE、他は3ZR-FEを搭載したが、後期では全グレード3ZR-FAEとなった(両エンジンともに直列4気筒2.0L自然吸気)。ノア同様、2代目までセンターメーター、3代目からはオーソドックスなアナログメーターを採用している。基本的に日本国内専用車であるが、左ハンドル車も受注生産車扱いで販売されている。3代目からはヴォクシーとノアの発売に遅れてトヨタ店・トヨペット店向けの姉妹車「エスクァイア」が登場、これによりポルテ&スペイド同様、実質的な全店併売車種となった。3代連続で特別仕様車「煌(きらめき)」が発売されるのが恒例。

>>>ヴォクシー オフィシャルサイト

車買取相場がすぐわかる!現在の査定価格を画面表示