ヴェルファイアの車買取価格を無料でオンライン査定

トヨタ ヴェルファイア買取 一括査定

ヴェルファイア買取
ヴェルファイア買取査定ポイント
  • 人気車種のヴェルファイアは、新車購入で下取りしてもらうより、車買取専門店を利用した方が高額で売却出来る可能性が高いです。
  • 下取りは市場動向関係なく、走行距離や形式などで査定されます。
    しかし、買取り専門店は人気車種や市場動向によって、走行距離や形式に難があっても、高値で取引きしてくれることが多いです。
  • 人気車種のヴェルファイアは需要が高い車なので、走行距離や形式に難有りなら、車買取専門店での査定をオススメします。
  • ヴェルファイアは同じ形式の車でも、車の走行距離や状態によって価格に大きな差が出ます。
ヴェルファイアについて

アルファードのフルモデルチェンジに伴い、それまで同車のネッツ店(2002年5月-2004年3月まではビスタ店)向けモデルとして販売されていたアルファードVに代わって設定されたモデルである(そのため、直系的にはグランビア/レジアスの後継車種という見解もある)。月間目標販売台数は3000台と発表されている。上品さや洗練さを謳うアルファードに対し、こちらは力強さや先進性を謳っており、フロントマスクも上下2分割のヘッドライトを採用するなどアルファードよりアグレッシヴなデザインとなっている。
また、リヤに関しても同じネッツ店扱いのヴォクシー同様、クリアタイプのコンビネーションレンズを採用するなどしてアルファードとの差別化をはかっていて、若さを強調している。インテリアに関してはアルファード同様7人乗りと8人乗りがあり、前者はキャプテンシートとなっている。
さらに3.5Z G EDITION、3.5V L EDITIONではそのキャプテンシートが「エグゼクティブパワーシート」となり、大型ヘッドレストが備わり、リクライニングやオットマンの操作が電動化されている。また、ネッツ店専売車種のためフロントエンブレムはヴィッツやウィッシュ、オーリスなど他のネッツ店専売車種同様に「Netz」の頭文字"N"マークがあしらわれている。アルファードVはネッツ店のフラッグシップ車であったが、ヴェルファイアもそれを引き継いでおり、現在もネッツ店で取り扱っている車種としては最も高価である。

>>>ヴェルファイア オフィシャルサイト

車買取相場がすぐわかる!現在の査定価格を画面表示